LittleLittleFantasGarden

ドール(主にDD、AZONE系)に関しての日記、備忘録、写真など

メイク初心者がDDにメイクを施してみた(三回目) 前編

という事で今回のお題はメイクについて。
尤も記事タイトルが全てを語っている訳ですが;

ちなみに表題の通り、DDのメイクは今回で三回目ですが、
一・二回目の時の記事があったりはしません。
ブログ開設したのがついこないだのGWだったからね、仕方ないね。

   :

まあそんな訳で、GW中に通算三回目になるDDのメイクに挑戦してみたので、
その時の道具とかやり方とかを備忘録的な意味も込めて紹介してみようと思います。

…うんまあ正直ですね、ちょっとGoogle先生に尋ねれば、
こんなド初心者の記事より余程レベル&完成度の高いメイク記事がゴマンとあるので
ぶっちゃけ誰かの参考になるかと訊かれれば微妙な所ではあります。
ですがそれらの記事って、手が込んでたりするせいで、
メイクに対しての敷居が高く感じてしまう、と思う部分もあるのかな、と。

(僕がそうでしたし。道具とかも当たり前のようにサラッとしか紹介されてなくて、
これ具体的にどう扱うの?とかもしばしば…;
勿論、手の込んだ技術とか完成度の高いメイクは素直に尊敬してますよ!)

最低限の道具とか、ある程度の集中力とかそういうのは必要ですが、
やってみれば意外とそれっぽくなるもんだ、というのが正直な感想でしたので、
ちょっと晒して行きたいと思います。
なお、完成度の高いメイクとかが見たいんだ!
って人はそのままBSキーか×ボタンを押しましょう。

   :

まずは今回非常にお世話になった参考書がこちら。

f:id:L2FantasGarden:20160514222754j:plain

 

秋葉原ドールポイント(以下ドルポ)に置いてあった、
「ご自由にお持ち帰り下さい」なメイクマニュアルです。

ネット記事や、メイク経験ありの先達者様の
アドバイスなども少し参考にしましたが、
メインで参考にしてたのはコレです。
一回目も二回目も今回のメイクも大体この内容に沿って行ってます。

次に用意いたしまするは、メイク道具。
基本的に先述のメイクマニュアル等にしたがって揃えたもので、
ドルポと100均で全て揃えました。

何にどうやって使うのかも書いていこうと思います。
(もしかしたらここで書いている以外にも、
こういう用途に使えるよ!というのはあるかもしれませんが、
僕自身メイク初心者ですのでご容赦を…)

まず、ドルポで買ったのがこちら。

 

f:id:L2FantasGarden:20160514222906j:plain

 

【下書き用のメイクペン】

f:id:L2FantasGarden:20160514222943j:plain

読んで字のごとく、下書き用のペンです。
特に商品名とかはなさそうですね;
水を含ませた綿棒で簡単に消せるので、修正も楽々。
なおマニュアルによると、時間が経つと消えるらしいので、
下書き後はさっさとメイク清書作業に移りましょう;
(後述のフィニシングパウダースプレーで
コーティングするのもいいのかもしれません。)

 

【造形村 面相筆】

f:id:L2FantasGarden:20160514223101j:plain

ヘッドパーツに塗料を塗るための筆です。
マニュアルには青の07がオススメとあったのでそれと、
個人的にあったほうがいいかなと思った青の01を購入。
ちなみにここでの"青"は毛の種類を表すものらしく、
青以外の筆も売ってました。
(更にその色それぞれに対して01とか07の種類があります。
ちなみに売ってた中では01が一番細く07が一番太いようです)

僕は今のところこれ以外は購入してないですが、
マニュアルにあるように、人によって使いやすい筆は異なるので、
色々ためしてみるのがいいと思います。

個人的な感想としては、「小は大を兼ねる」と言った所でしょうか;
(一回目のメイク時は07も使ってましたが、
二回目と今回は01で全て賄いました)

 

【造形村 メイクカラーセット】

f:id:L2FantasGarden:20160514223239j:plain

 

メイク用の塗料です。アクリル塗料というものらしいです。
(塗料の種類とかよくわかりませんが、絵の具みたいな感じのです)
これを使って眉とかアイラインとかを書いていきます。
ドルポにはカラフルな11色(だったかな?)と、
肌色系と焦げ茶系のみの5色セットがあり、僕は後者を購入。


【Mr.カラーうすめ液】

f:id:L2FantasGarden:20160514223310j:plain

 

いわゆるところのシンナーという奴ですかね。
マニュアルには書いてありませんが、重要アイテム。
綿棒とかで、ヘッドに塗ったメイクカラーを落とすのに使います。
ミス無しの一発で書ける人ならあるいは…ですが、
僕みたいなのは書いて消して書いて消しての繰り返しですので超必須アイテムです;


【造形村 メイクパステル】

f:id:L2FantasGarden:20160514223340j:plain

 

読んで字のごとく、パステルの6色セットです。
マニュアルには特に指定はありませんでしたので、
僕は「ロリータ」と書いてあった赤茶系統のセットを購入。
紙やすりで粉にして、チークやシャドウ用の塗料として使います。
(マニュアルによると、紙やすりは#400~1000が良いそうです。
番号が大きい程、粒子が細かいとかなんとか)

ちなみに余談ですが、
僕の場合はそもそもチークってなんぞや…ところからでした;
(チーク=頬紅)


【造形村 フィニシングパウダースプレー】

f:id:L2FantasGarden:20160514223409j:plain

メイクを定着&保護するためのスプレーです。
一度スプレーした上から改めてメイクする事も可能ですので、
パーツ単位のメイクごとにスプレーしてしまってもいいかと。
なお、スプレーした状態でも、
うすめ液や爪でカリカリすればメイクは落ちますので、注意です。
(逆に言えばスプレー後の手直しも普通に可能、ということですね)


タミヤクリヤーX22】

f:id:L2FantasGarden:20160514223452j:plain


透明な液状の塗料?なのでしょうか。
どういうものなのかは実はよくわかってませんが(ヲイ)、
メイク後に唇とかに塗るとツヤがでます。
(用途としてはあくまでもお好みのレベルですね)


【綿棒】

f:id:L2FantasGarden:20160514223528j:plain

 

ホビー用の先が鏃みたいになってる綿棒。
普通に細いのと更に細いのの二種類があったので両方購入。
うすめ液を含ませて、メイクの細かい所を落とすのに使用します。
(下書きを落とす場合はうすめ液でなく水です)



次に、100均で買ったのがこちら。

f:id:L2FantasGarden:20160514223632j:plain

 

【綿棒】

f:id:L2FantasGarden:20160514223701j:plain

またしても綿棒です;
こちらは一般的な衛生用品としての綿棒ですね。
(用途はホビー用と同じですけど;)
一般的な太さの綿棒と、ベビー用の極細綿棒の二種類。
(実は画像だと極細綿棒にも更に太いのと細いので二種類ありますが;
細い方(画像下側)が在庫切れで今手に入らないんですよ…;
なので代替品でもう一つ、という状態です)

ちなみにそれぞれを並べてみたのがこちら。

f:id:L2FantasGarden:20160514223813j:plain



【薬味入れ】

f:id:L2FantasGarden:20160514223847j:plain

弁当用のアルミホイルケースの親戚みたいな奴です。
メイクカラーのパレット用に使ったり、
うすめ液を入れるのに使ったり、ですね。
アルミホイルケースより頑丈なので、使いやすいです。
ちなみに1個あたり5円です(どうでもいい


【紙やすり】

f:id:L2FantasGarden:20160514223931j:plain

先述のパステル削りに使用する紙やすりです。
#600、1000等の色々な種類が入ってます。
(その代わり基本的に1種類につき1枚のみ…;)


【筆】

f:id:L2FantasGarden:20160514224001j:plain

 

絵画用の筆です。チークをつけたりクリヤーを塗るのに使います。
4~5本セットになってますが、実際に使うのは細い筆だけですね

   :

とりあえず道具の紹介はこんな感じでしょうか。
参考までに、これら一式揃えるのに6~7000円位かかりました。
高いと思うか安いと思うかは、人それぞれですかね。



そして思ったより長くなったので、
実際のメイクの方は次の記事にまとめます。

 

<関連記事>

l2fantasgarden.hatenablog.jp

l2fantasgarden.hatenablog.jp